未分類

ポートフォリオ公開(2021.12.1)【米国株】

米国株投資家またおです。
2021年12月1日時点のポートフォリオを公開します。

以下、参考に先月のポートフォリオの記事を貼っておきます。

ポートフォリオ公開(2021.11.1)【米国株】 米国株投資家またおです。2021年11月1日時点のポートフォリオを公開します。 以下、参考に先月のポートフォリオの記事を貼って...

ポートフォリオ公開

 ポートフォリオは変わらずです。
 現金比率を上げるためにボーナス待ちといった状況です。

11月売買実績

1日投資信託(eMAXIS Slim 全米株式)10万円
27日VISA約130万円
29日VISA約130万円

 今年も終わりに近づいてきましたので、VISAが年初来安値を更新したタイミングで、損出しを実施しました。

ワンポイント
  • 損出しとは、実現利益(実際に売って利益を確定させた金額)がプラスの年にあえて損が出ている銘柄を売ることで実現利益額を下げて税金を取り戻すことを言います。
  • 例えば、100万円の実現利益がある場合、約20万円の税金が徴収されています。その時、50万円損している銘柄を売ることで、実現利益を50万円に下げることで約10万円の税金を取り戻すことができます。
  • 注意点として、同銘柄を売って、買い戻す場合は必ず翌営業日に買い戻すようにしましょう。(別銘柄を買う場合は、同日で構いません)

投資によるリターン

 ■年初来 +1049万円
 ■月初来 - 63万円

 今月はマイナスで終わりましたが、まだ年初来リターン+1000万円をキープしています。
 このまま、2021年を終え、最高の年にしたいものです(*’▽’)

年初・月初来騰落率

 銘柄別の年初、月初来騰落率を比較し、今後の投資の参考にしようと思います。
 以下の条件で算定しています。

  1. 年初または月初に1株購入した想定
  2. 投資信託が為替ヘッジ無しのため、個別株やETFは円換算して比較
    例)1月1日 100円/ドル
      5月1日 110円/ドル
      株価変動なし
      →年初来10%の値上がりと表記
  3. 個別株、ETFの配当金は考慮しない
月初来(11月)年初来
GOOGL -4.6% +78.0%
MSFT-0.8%+63.4%
V-7.5% -1.1%
VTI-1.9%+31.8%
eMAXIS Slim
(全米株式)
+1.5%+38.7%

  月末からグロース株を中心に調整が入りましたが、myポートフォリオの年初来騰落率を見ると、まだまだ余裕の状態です。

 以下、ポートフォリオに含まれる銘柄の分析記事になります。よろしければ併せてご覧いただけたらとてもうれしいです。

【銘柄分析】マイクロソフト(MSFT)  この記事では、私が米国個別株の売買判断をする際に必ず確認する7項目を使って、マイクロソフト(MSFT)の銘柄分析を行います。 ※20...
【銘柄分析】アルファベット(GOOGL)【Google】  この記事では、私が米国個別株の売買判断をする際に必ず確認する7項目を使って、Google(グーグル)の親会社アルファベット(GOOG...
【銘柄分析】VISA(ビザ)株価分析【V】   昨日投稿した記事でビザかマスターカードを購入候補としました。 https://ma-ta-o.com/%e3%80%90%e...
つみたてNISAにおすすめの投資信託を紹介(Myポートフォリオの主力 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500))  つみたてNISAは資産運用に欠かせないとてもお得な制度です。私も、毎月欠かさず3万3千円の積み立てを行うなど積極的に活用しています。...
▼▼ランキングサイト参加中♪▼▼

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
△△応援お願いします(*_ _)△△

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。