雑記

fitbit Charge 5を予約しました【安く購入できるサイトも紹介】

 こんにちは!!
 米国株投資家のまたおです。

 今回は、米国株ネタではなく、スマートウォッチ・フィットネストラッカーを色々悩んで予約したよという記事になります。(fitbit Charge 5)

 米国株もレイバーデーで3連休ですし、箸休め的にこのままお読みいただけたら嬉しいです。

fitbit charge 5 予約しました

画像元:fitbit 公式HPより

 色々と悩んだ結果、上の画像の製品を予約しました。スマートな感じでかっこよくないですか??

 実は、またおはここ2年くらいスマートウォッチが欲しいなぁと思っていました。
 でも、なかなか、ビビッとくる商品がなく、ずっと雑誌やネットサーフィンで情報収集をしていました。

またお
またお
基本アクセサリー要素が高いと思っているので、見た目がカッコよくてスーツにも合って、とにかくスマートウォッチっぽくない(フェイスが正方形じゃない)スマートウォッチが欲しかったんですよね。

またお
またお
これまで、購入をガチで検討した製品は、2種類あって、ソニーのwenaシリーズと、シチズンのRiiiverシリーズです。

購入検討製品① ソニー wenaシリーズ

画像元:wena 公式HPより

 唯一無二の特徴として、フェイスに普通のアナログ時計を付けられ、バンド部分にスマートウォッチの機能を集約したことが挙げられます。Suicaも使えて、スマホの通知なんかもバンド部分で確認できます。

またお
またお
今でも普通に欲しいと思っており、今回は購入を見送りましたが、いつか買う可能性が高い製品です。


 興味がございましたら詳細は、以下公式HPをご覧ください。

wena公式HP リンク

購入検討製品② シチズン Riiiverシリーズ

画像元:Riiver 公式HPより

 特徴は何といっても、アナログ盤であることです。

 私は、今使っている時計はシチズンで、デザインがとても気に入っています。(普通のアナログ時計です)そんな好きなメーカーであるシチズンが出した遊び心あふれるスマートウォッチめちゃくちゃ惹かれました。

 どこがスマートウォッチなの??と思われるかもしれませんが、専用のアプリを使い、特定の『時間』や『イベント』、『事象』に対して、時計の針の動きをプログラムしておき、所有者に知らせるというようなことができるみたいです。

またお
またお
男心をくすぐりまくる仕様ではないでしょうか(*´▽`*)

 
 興味がございましたら詳細は、以下公式HPをご覧ください。

Riiver公式HP リンク

購入を決めた理由

 私が購入の際に求めていた条件は以下の通りです。

購入条件
  1. 見た目が好き(6割)
  2. 健康状態が保存できる(特に心電図)(2割)
  3. Suicaが使える(1割)
  4. スマホの通知が見れる(1割)

 見た目だけでなく、今回購入を決めたfitbit Charg 5は、心電図の測定やSuica対応などのその他の条件もぴったり合ったためです。(心電図については日本では実装されない可能性もあるという噂もありますが…)

 以前、記事にも書きましたが、現在、仕事でもの凄いストレスを抱えており、健康状況を記録し、自分でも気づかない異常などを知らせてくれる機能を期待し、購入を決めたことも大きな理由です。

画像元:fitbit 公式HPより

 仕様の詳細などは、以下公式HPをご覧ください。

fitbit公式HP リンク

安く予約できるサイトの紹介

 結論から言いますと、Amazonになります。

 公式HP  24,990円
 Amazon 22,718円(執筆時点)

 本記事を読んで興味を持たれましたら、以下から購入を検討していただけますと幸いです。

余談(ちょっと米国株投資家っぽいことを)

 購入の決め手になった理由の一つとし、fitbitのGoogleによる買収が2021年1月に完了したというのもあります。正直、fitbitという会社自体Googleの買収記事が出た2019年に初めて知ったくらいですので。

 私の投資理念として、やはり投資している会社の製品をできる限り使おうというのはあります。
 似たような製品があれば、少し高くても投資している会社の製品を買うように私はしており、スマホもpixelシリーズを使っており、既に3台目です。

 使ってみて良かったらまた記事にさせていただく予定です。

 Googleへの投資状況や、Google株への考え方については、以下の記事をご覧ください。

ポートフォリオ公開(2021.9.1)【米国株】 米国株投資家またおです。2021年9月1日時点のポートフォリオを公開します。 以下、参考に先月のポートフォリオの記事を貼ってお...
【銘柄分析】アルファベット(GOOGL)【Google】  この記事では、私が米国個別株の売買判断をする際に必ず確認する7項目を使って、Google(グーグル)の親会社アルファベット(GOOG...

▼▼ランキングサイト参加中♪▼▼

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
△△応援お願いします(*_ _)△△

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です